この1年のこと

おーっと、前回更新が1年以上前か・・・

でもほそ~~~く続いてるの逆にすごくないですか?

 

前回2019年2月以降に何があったかというと。

まず最大のトピックは転職ですね。

3月頃から転職活動を始め、6月に内定が出て、8月末で前の会社を辞め、9月から今の会社で働き始めた。

前職の金融機関は、新卒で入って10年ちょっと勤めた。2018年3月に昇進昇格して部署異動したんだけど、その部署がま~~~クソで。言葉を選ばずに言うと掃き溜めみたいな部署で。自分で言うのもなんだけど、まさしく掃き溜めに鶴でしたわ。飛び立ちましたわ、掃き溜めから。

ほんとに能力的にも人物的にも問題ある人が多すぎて、何度言い争いになったことか・・・ストレスで逆流性食道炎にもなったし、本当に会社に行きたくなかった。

期待してるよ!と言って昇進昇格させといてこの仕打ちなんなの?私を活用したいのか辞めさせたいのかどっちなの?という気持ちが抑えきれなくなった。

そもそも異動の前から、会社の体質が古すぎることは気になっていた。古き良き昭和の会社感満載、セクハラパワハラマタハラも横行してるし、嫌だなと思っていたところだった。

とりあえず転職エージェントに相談して、なんとなく応募とかしたり、3社くらい面接したりしてるうちに、ぽろっと今の会社の内定が出た。

職種は前の部署と関係あって自分的にも興味のある分野だから申し分ないし、年収も現状キープ。行くっきゃない。

9か月くらい経ったけど、今のところ転職してよかったと思うことしかない。びっくりするほど前職恋しくない。強いて言えば通勤時間が長くなったけど、他のメリット考えたら屁でもないね。

いや~本当に転職してよかった。今となっては10年も勤めてたことが理解できないけど、まぁ前職での経験&年収のおかげで今の条件で転職できたという面もあるしね。感謝しないといけないかな。

 

8月中、3週間くらい有給を消化した。それでも20日くらい余ってたけどね・・・全部取りたかった・・・。

有給中は夫と念願のトルコに行ったり、大阪一人旅したり。人生の夏休みって感じで最高でした。

トルコ旅行記も書きたかった・・・(これ、毎年のように言っているな・・・)

面白いことたくさんあったのよ。夫とじゅうたん屋との息を呑むバトルとか。(最終的に15万のじゅうたんが半値になった)

せっかく行けたのにイスタンブールの主要な観光地がことごとく修復中で悲しかったけど、トプカプ宮殿は大興奮だった。こういうタイル大好き。

f:id:bitterer_karamel:20200602181401j:plain

カッパドキアも2日チャンスあったのに、2日とも気球飛ばなかった。

カッパドキアはまた行くことがあるかというとかなり微妙だけど、イスタンブールだったらリベンジできるかなー。

 

最近の状況としては、会社がいち早くテレワーク推しになり、2月末からテレワークしてる。3月は週1くらい行ってたけど、4~5月は計1回しか出社してない。

運動不足に加え、いろんな期間限定のお取り寄せを試したりして食生活が充実してしまって、過去最高の体重を記録しています。。

 

実家を出て以来、PCのない生活を送っていたんだけど、やっぱほしいなと思って最近買った。この投稿もPCから。

ツイッターでタイムリーにいろいろつぶやいてはいるけど、やっぱりまとまった記録としてブログ書きたいという気持ちは依然としてある。

これを機にもうちょっと書けるといいなー。さぁどうなるか。

ポルトガル その1

今年の休暇はポルトガルに行ってきました。

初めてお一人様限定のツアーに参加してみた。女性が多いのかな?と思ったら意外と男女半々。年齢層はすごく高い。25人くらいのうち、30代は私含め2人。40代はたぶん1人。80代が2人であとは50〜70代。

80代の方々は若い頃に自転車でシルクロード走破したり日本一周したりしたという男性と、登山が趣味で百名山を制覇したという女性だった。80超えて1人でヨーロッパに旅行へ行こうと思える気力、13時間のフライト(しかもエコノミー)に耐えて行程をこなせる体力、そして金銭的余裕を全て兼ね備えてることがすごいと思う。目標にしたい。

でも前者は自分語りが激しくてめんどくさかったし、添乗員さんの話を聞いてなくて行方不明になったりする迷惑なじいさんだったんだけどね…。

金払って知らないじいさんの面倒見させられちゃかなわんからわりと序盤から無視してました。最初は優しくしてた人達も最後のほうはスルーしていた。

みんな1人で来てるからみんなでいろいろ話したりして面白かったけど、やっぱり途中からグループができるんだよね〜。ずっと同じペアで行動してる人たちも4組くらいいたな。

私は基本1人行動だったけど、他にも1人派の人がいて、みんなで食事する時とかはその人たちとよく一緒に座ってた。

「旦那さん置いて旅行なんて大丈夫?とか言われるけど意味わかんない」「なんで女がごはん作らなきゃいけないのよバカバカしい」みたいな頼もしいお姉様方ばかりで楽しかったなぁ。

 

1日目。成田からイベリア航空マドリッドへ。

f:id:bitterer_karamel:20190202185035j:imagef:id:bitterer_karamel:20190202182738j:image

機内食はまぁまぁ。小腹が減っておやつもらいに行ったらこのビスケットみたいなの出てきたんだけど、ほんのり甘くて予想外においしかったな。売ってたら買いたいくらい。

マドリッドで乗り継ぎしてサンティアゴ・デ・コンポステーラ泊の予定が、飛行機が遅れたため乗り継ぎ便に乗れず。

添乗員さんが振替の手続きをしに行き、待つこと1時間。お腹が空いたので売店でクラッカーを買って食べる。イタリア行った時食べておいしかったんだよね。

f:id:bitterer_karamel:20190202183116j:image

添乗員さんが21時半頃戻ってきて、振替便が翌朝になったことが判明。この日は急遽空港から車で10分くらいのホテル泊になった。この費用って航空会社から出てるのかな?

どうしても必要ならスーツケースを引き取れるけど、一度引き取ると預け直す手間が発生するということで、面倒なので預けっぱなしにすることに。引き取ってるの1人だけだった。

ロスバゲ対策でいつも最低限パンツと靴下と化粧水くらいは手荷物に入れてるけど、今回ほんとにパンツしか持ってなくてなかなか厳しかった。

メイク道具もないからすっぴんだし。せめて眉ペンくらいは持っておくべきだ。

でも後で気づいたんだけど、空港でいろいろ調達しとけば旅行保険適用できたのかな??航空機遅延費用みたいなのあるよね。

代替ホテルに着いたのはもう22時過ぎ。ビュッフェ式の夕食を軽く食べてさっさと部屋に行こうと思ったら、前述の自分語りじいさんと相席になりなかなか席を立てなくて閉口。1人のマダムがうまく切り出してくれて解散したのはいいんだけど、部屋に帰る道すがらそのマダムに「明日5時半集合よね?起きれないと困るから私の部屋に電話してくれない?」って言われてびっくりしたわ。なんで私が知らないおばちゃんの部屋にモーニングコールせなあかんねん。

結局そのあと「あ、でもモーニングコールがあるわよね〜じゃあ大丈夫か〜」ってなったけど。まぁどっちにしろ断るけど。

でも翌朝、ロビーで同じマダムに会って「化粧水も持ってなくて、顔カピカピですよ〜笑」って言ったらその人が化粧水と乳液貸してくれた!いい人だった。

集合が早すぎてまだ朝食始まってなくて、置いてある軽食を勝手に取って食べるスタイルだった。

f:id:bitterer_karamel:20190211175845j:image

源氏パイみたい。

飛行機の時間が7時半くらいだったかな?空港に早めに入ってわりと余裕があったので、そのへんをうろうろ。

f:id:bitterer_karamel:20190211180336j:image

ポールででかいマカロンを買ってみたり。
f:id:bitterer_karamel:20190211180328j:image
f:id:bitterer_karamel:20190211180340j:image

チョコレートのお店があったから目に付いたものを買ってみたり。(味はまぁ普通)

そうこうしてるうちに搭乗時間が来て、1時間ちょいくらいで着くからあっという間だな〜と思いきや、隣に座ったまた別のマダムからずーーっと話しかけられて疲れた。しかも終盤は機体が揺れて酔って吐きそうだった。

やっとの思いでサンティアゴ・デ・コンポステーラに到着です…。なかなか本編が始まらない。

福袋2019 その2

●ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ 3240円

バウムクーヘン

・バウムシュピッツ

・銀座ミルフィーユクランチ

f:id:bitterer_karamel:20190120105605j:image

前から食べてみたかったバウムクーヘン。甘さ控えめでわりとしっかりした生地感。軽くあっためても周りのコーティングが溶けることもなく、美味でした。

でも主役のバウムクーヘンより、チョコがけのバウムシュピッツがすごくおいしかった!チョコがパリッとしてて甘さ控えめのバウムと合う〜。一口サイズなのもよい。手土産にもよさそう。

ミルフィーユクランチも生地のサクサク&クランチのカリカリがいい感じ。

 

●c7h8n4o2(チョコ係) 5400円

・イディリオ チョコレートペースト

・イディリオ ♯15

・ショコラタリア エクアドル ダークチョコレートwithウイスキーガナッシュ

・ショコラタリア エクアドル ミルクチョコレートwithレモンガナッシュ

・ショコラタリア エクアドル パラソルチョコレート ミルクとホワイト

・daigoo. お米のチョコレートサンドクッキー5枚入り

f:id:bitterer_karamel:20190120110240j:image

すでにネットで8400円の袋を確保済だったから買わないつもりだったんだけど、エヴァン買った後にまだ残ってたからついつい。

イディリオのペースト気になってたからうれしい!

しかしおやつの在庫が過多のため、この中で食べたのはdaigoo.のクッキーのみ。固めでボリボリしてるんだけどそれがクセになる。挟まってるチョコもおいしい。

 

●パレドオール 4200円

・柚子ショコラ
タブレットショコラ ガーナ65%
・ボンボン詰め合わせ 12個
・獺祭ショコラ(磨き二割三分・にごり酒スパークリング50) 6個

f:id:bitterer_karamel:20190120111047j:image

f:id:bitterer_karamel:20190120111041j:image

去年の夏の福袋、ショコラクールをきっかけにすっかりパレドオールのファンになってしまった。パフェもかわいくておいしいし、ボンボンがほんとにおいしいんだわ。

柚子ショコラの賞味期限の短さに焦ったけど、しっとりしててしっかりチョコ感あるのに柚子の風味もがっつりしておいしかった。

パレドオールのも含めてお酒のチョコってそこまで好きじゃないけど、獺祭ショコラはおいしい。夫と一瞬で完食。

サロショでホワイトチョコ買うのが楽しみだわ〜。

つれづれ、ってよくあるタイトルだよね

2018年は3回しか更新してなかったのか…。ツイッターで単発でつぶやくのに慣れてしまって、ブログはなかなか書けなくなった。

久々に昔もらったコメントとか見て、こんなブログでも見に来てくれてる人いたんだよなぁ…となんかしんみりしてしまった。

なんの変哲もないただの大学生が、なんの変哲もない独身会社員になり、なんの変哲もない既婚子なし会社員になるのをブログを通して見てくれてる人がいるって、よく考えるとすごいな。

私も昔よく読んでたブログはブックマークに入れっぱなしで、ごくたま〜に見てみたりすることあるから、ここもそんな感じで見てもらえることがあったりするのかなぁ。

 

書きたいと思っていたことはいろいろあった。旅行記もそう、婚活記録もそう。最近はまっているチョコレートのこととかもね。

何より私は自分の書く文章が好きだから、先々の自分のためにも書き残しておきたいんだほんとは。

今日も去年の昇進試験で書いた論文を読み返して、はぁ〜我ながらよく書けてるな〜って思ったところ。

 

10代〜20代の頃って、自分の考えとか悩みをなかなか他人に話せなくて、でもいろんな感情を自分の心の中だけにとどめきくて、話す代わりにブログにぶちまけていたような気がする。

ブログだけじゃなくて紙の日記も書いてたし。

 

今は嬉しいことも腹の立つことも夫に話しているから、あまりブログ書きたい欲も湧かないのかな。夫に話せないことって、ほとんどないな。

そういや夫との馴れ初めとかもあまり書いてない。

夫とは婚活アプリで出会ったんですが、なんか…よくこんなに合う人にばったり会えたな!?ってくらい、合うんですよ。

いつまでに結婚したいとかどんな人と結婚したいとか、あまりはっきりと決めて活動していたわけでもなかったのに、よくもまぁこんな人と出会えたな。運良すぎ。

2人で暮らすの楽しすぎて、子どもとかいる…?いやいらなくはないんだけど、まだよくない…?って話がよく出る。

いやいやでも私もう32だし、夫も34なんだよね…まだいいとか言ってる時間もそんなにないよね…でもまだ2人で楽しみたいんだよね…なんであと5年早く出会えなかったんや…ってなる。

いつも答えが出ないんだよね、2人でその話しても。

 

こんな感じで内容薄くてもいいから、もっと頻度高めに書けたらいいなぁ。

福袋2019

あけましておめでとうございます。

去年はサロンデュショコラを契機にチョコ沼にはまり、チョコに明け暮れる1年だった。そして今年もそうなりそうな予感。

とりあえず今年も書きます福袋備忘録。

あとね12月にポルトガルに行ったので、旅行記書きたいの。ここ数年、旅行記書く書く詐欺なんだけどね。

 

ジャン・ポール・エヴァン 1万円

f:id:bitterer_karamel:20190108220027j:image

f:id:bitterer_karamel:20190109204622j:image

f:id:bitterer_karamel:20190109204336j:image

・ボワットゥショコラ12粒(トリニダ、マノン、トロワ オランジュ、ロシェ、ネオ、カライブ、サフィル、カオ、ボリヴァー、サロメ、ユズ、スープソン)

・デリスドゥ GOHOBI 9枚

・マカロン 8個

・フィナンシェショコラ ノワゼット

・フィナンシェショコラ

・マドレーヌオランジュ

・フィナンシェ ショコラマロン

タブレットレナチュール 35g

タブレット74% 35g

・ペルルクラッカンドゥメランジュ70g

・キト

・ストロベリージャム 240g

去年の雪辱を晴らすべく、銀座三越に始発で並んで買いましたよ。

やっぱり買うなら1万だな!この充実ぶり!!

毎年内容はほぼ同じなんだけど、とても満足感がある。大好きなエヴァンがたくさん食べられるのが嬉しい。

何気にキト食べたことないから楽しみだわ〜。

結婚式のBGM

途中まで書いて下書きに保存してたシリーズ。

今さら結婚式のBGMの話。

自分が結婚式するならBGMにはこだわりたいと昔から思ってたし、結婚の予定もない頃から候補曲はいくつかリストアップしていたけど、実際に選ぶのは思った以上に大変だった…

曲調と歌詞どっちもいい感じな曲を探すのけっこう骨が折れる。

 

入場:THE BAWDIES feat.AI「LOVE YOU NEED YOU」

この曲が出た当初から、 結婚式の入場に絶対合う!使いたい!!と思っていた。当時は彼氏もいないし結婚するアテなどこれっぽっちもなかったことを思うと感慨深い。

ウ〜ウ〜ウウウウ〜♪ってハミングから始まって、歌い出しでバーンと扉が開くところまで想像済みだった。

式場にはそのへんお願いしてなかったけど、本番もその通りにしてもらえてひそかに感激していた。思ったとおりバッチリぴったりだった。歌詞もぴったりだし。

 

乾杯:星野源「恋」

逃げ恥リスペクト。どこかで使いたかった。でも乾杯の場面に使うにはポップすぎたかも。

 

ケーキカット&ファーストバイトフジファブリック「wedding song」

フジファブリックは前よく聞いてたけど、この曲は聞いたことなくてこのタイミングでたまたま知った。めっちゃいい曲。

 

お色直し中座:compass of your heart

ディズニーシーのシンドバッドで流れている曲。原曲は用意がないと言われ、宝塚ver.になった。

大好きな曲だから絶対使いたかった。人生は冒険だ!地図はないけれど!

一部の人にはすごく刺さっていたけど、知らない人は「宝塚好きなのか?」と思ったかもね。

 

プロフィールムービー

新郎パート:スキマスイッチ「ふれて未来を」

新婦パート:YUKI「歓びの種」

プロフィールムービーの場面にふさわしいほのぼのハッピーな曲を探した結果この2つに。

どこかでGO!GO!7188を使いたくて、ここでハモリエヴリデイという選択肢も考えたんだけど、夫がYUKIの方が合うんじゃない?と。まぁ間違いないよねYUKIちゃんは。

でもハモリエヴリデイ、結婚式にぴったりだと思うんだよ!

「あたしの毎日は君がいなくちゃどうにもならない

どんな未来でも愛してあげるよ どんとこい」ね!?

 

再入場:THE BAWDIES「I'm in love with you」

再びのBAWDIES。やっぱりね、英語の曲は使いやすい。

再入場はテラスからで、テラス側の窓のカーテンがゆっくり開くとそこに我々が立っているという演出でした。

ベースから入るイントロも良いし、楽しげでなかなかよかった。

 

テーブルラウンド:A Whole New WorldとPart of Your World

どっちも英語ver。安定のディズニー。迷ったらディズニー。間違いない。

 

イベント(クイズ):嵐「愛を叫べ」

嵐も好きだから何か使いたかった。

ラブソーとワンラブとこれは数多の結婚式で使われているだろうから、他の曲も考えたんだけどねー。まぁ結局みんなが知ってる曲の方がいいんだろうなと思い。

starlight kissとかいいかなと思ったけどちょっとアップテンポすぎた。

 

両親への手紙:Bank Band「糸」

花束贈呈:いきものがかり「ありがとう」

このへんはベタベタのど定番にしてみた。

定番の曲ってありきたりでつまらないなって気持ちもありつつ、やっぱりよく使われるのには理由があるよなとも思うのよ。とにかく無難。耳ざわりが良い。親世代も知ってるしね。

 

退場:Beauty And The Beast

はい、またディズニー。ちょうど映画もやってたしね。

 

エンドロールムービー:Superfly&トータス松本「STARS」

これはわれながらなかなかよい選曲。男女デュエットだし、明るい未来を感じさせるし、結婚式の最後にぴったり。

終盤にかけてものすごく盛り上がり、少ししっとりしてからのラスト、っていう曲の流れもすごくいいのよ。単にこの曲が大好きなだけな気もするんだけど。

2人ともSuperfly好きだから使いたかったし、ど定番すぎないのもよかった。

あとね、ムービーの長さと曲の長さがちょうどよく合うっていうのも何気に重要なポイント。

 

送賓:I See The Light

塔の上のラプンツェル」の名場面で流れる曲。ラプンツェルが好きでこの曲も大好きなので絶対に使いたかった。日本語版の「輝く未来」でもよかったんだけど、無難に英語版。

この曲が流れてる時には我々はすでに退場して外でお見送りしてたので、流れてたの聞いてないんですけどね。

もっと曲が引き立つ場面で使えたらよかったなぁ。

 

改めて書くとほんとに私が好き勝手に選んでいるな…任せてくれた夫に感謝。

選外の曲もたくさんある。

ワンオクのwhereever you areとか、鶴のリザーブシートとか。

ポーランド その4

もう2年前の話…

途中まで書いて下書きに保存してあったので、せっかくだから載せます。

 

11/22(火)

クラクフのノボテルに2連泊。なかなかおしゃれで綺麗だった。今回ホテルはすごくよかったなぁ。

2日間とも朝食会場が軍人さんだらけだった。しかもEUのいろんな国の。近くで合同演習でもあったのかな?

みんな各国の軍服着て朝ごはん食べてた。貴重な光景だったかも。

 

この日は世界遺産の日。

まずはアウシュヴィッツ。いよいよ旅のハイライト。10年以上前から、いつかは行きたいと思っていた。

小学生の頃にアンネの日記を読んだり、杉原千畝の伝記を読んだり、中学の授業で「ライフ・イズ・ビューティフル」を観たりして、なんだかユダヤ人問題とかナチスのことがすごく心に引っかかって、それで大学でドイツ近現代史を専攻するに至ったんだよね。

後から考えるとアンネの日記はオランダだし、杉原千畝リトアニアだし、ライフイズビューティフルはイタリアの話なんだけどね。大学入るまでアウシュヴィッツもドイツにあると思ってたけどね。でも知らない人けっこういると思う。

 

アウシュヴィッツ」はドイツ語名で、ポーランド語ではオシフィエンチム

f:id:bitterer_karamel:20170616074048j:image

有名な門。でも一度盗まれた(その後戻ってきたらしいけど)せいで、今はレプリカらしい。思ったよりこじんまりしていた。

f:id:bitterer_karamel:20180620211818j:image

とても空が青くて、静かで広大で穏やかな場所だった。

もっと何か禍々しさとか感じるのかな?と思ったけど、そんなことは全くなかった。こんなに静かで気持ちのいい場所であんなことが行われていたなんてなぁ。

 

お昼はボルシチ

ロシアが近いから料理も影響受けてるみたいだけど、ロシアのボルシチとはちょっと違うような?

f:id:bitterer_karamel:20180620211740j:image

 

午後はヴィエリチカ岩塩坑

シャンデリアとか壁の彫刻とか全部岩塩でできてるの!すごい。

f:id:bitterer_karamel:20180620212011j:image

f:id:bitterer_karamel:20180620212115j:image

f:id:bitterer_karamel:20180620212128j:image

お土産にバスソルトとか足用スクラブとか買ったけど、スクラブ未だに使ってない…

 

夜はホテルでプラツキ・ジェムニャチャーネ。ポテトのパンケーキ。

f:id:bitterer_karamel:20180620212329j:image

 

5日目のクラクフ、6〜7日目のワルシャワもポーリッシュポタリー探しとかすごくすごく楽しかったから書きたかったんだけどなぁ…難しそうだなぁ…

特にワルシャワは6日目の午後〜7日目の午前が自由行動で、街歩きがほんとに楽しかった。あの時1人でも行って本当に良かったなぁって今でもよく思う。

帽子がないと頭が痛くなるくらい寒かったけど、あ〜自由って素晴らしい!!ってしみじみ思ったなぁ。